経験者が語る、おすすめの婚活のやり方

私は、36歳の時に婚活を始めて、1年以内に結婚することができました。その時の、婚活のやり方をこれから語ります。

 

お付き合いした人たちが何人かいたにも関わらず、結婚に至らず36歳になってしまっていました。30代前半までは、友人や知人からの紹介や合コンの誘いもありましたが、35歳を過ぎてからは無くなってしまいました。

 

社会人サークルで出会いを求めたこともありましたが、基本的に20代の人たちが多く、お互いに恋愛対象にはなりませんでした。職場の同世代の男性たちは皆、既婚者であることが殆どでした。同世代の女性は、独身の人も割と多かったのですが…。
36歳になってしまいましたが、暖かい家庭を持ちたいという気持ちが強かったため、結婚願望が確実にある人たちとたくさん出会える場所を求めました。今までの経験を踏まえると、結婚相談所が最適ではないかという結論に至ったのです。なぜなら、当たり前ですが、結婚したい人たちが集まる場所だからです。婚活サイトですと、結婚相談所より敷居が低い分、騙されてしまう危険性も高まると考えました。36歳という自分の年齢を考えると、確実性を重視したかったのです。本当は、身近なところで出会って恋愛結婚をしたいと考えてはいました。けれども、36歳の時点でそれが叶えられていなかったことから、やり方を変えてみることにしたのです。

 

婚活を始めようと考えた時期から、洋服やメイクを男性受けの良いフェミニンなものに変えました。最終的には、本人の人柄が最大の決め手になることは分かっています。しかし、最初のとっかかりが見た目になることは否定できません。結婚相談所でも、最初は、お見合い写真とプロフィールを見て気に入ってもらえるか否かで、実際に会うかどうかを検討するはずだからです。

 

また、結婚相談所の相談員の方とも、きちんとコミュニケーションを取ることに努めました。婚活の味方になってくれる人と良好な関係を築けていれば、より良い人を紹介してもらえることもあるからです。結局は、人と人とのご縁なので、周囲の人たちを大切にすることで、より良い人との繋がりを作ってくれると思います。また、入会したばかりの頃の方が、たくさん紹介してもらえると感じました。チャンスが多いうちに、より自分に合い、好いてくれる人を見付けてしまうことをおすすめします。

 

結婚に至るのは、本当にご縁だと思います。けれども、ご縁を確実に引き寄せるには、結婚相談所は有効な方法のひとつだと、結婚相談所で結婚に至った私は実感しています。けれどもお金がない人は結婚相談所は難しいと思うので、ゼクシィ縁結びのような優良な婚活サイトがあるなら婚活サイトを選ぶのも一つの手かなとも感じます。